south india

南アジア(27) 西ガーツ山脈の峠

 茶とスパイスの見学を終え、クミリーの中心街に戻りました。お昼なので、昨日利用したバスターミナル横の食堂に入りました。チキンビリヤーニをいただきました。ガイドさんはカレーを食べました。

P1060241 P1060242 P1060240

 午後からは、西ガーツ山脈の東側、タミルナドゥ州の農村地域を訪問する予定です。クミリーのバスターミナルから数十メートル行ったところに、ケーララ州とタミルナドゥ州の境界のゲートがあります。それを過ぎて、しばらく曲がりくねった峠道を登ると、すぐに西ガーツ山脈の峠にさしかかります。そこからは、結構険しい西ガーツ山脈とタミルナドゥ州の平原を望むことができます。

P1060245 P1060248

 下り坂の途中に、水力発電に利用するパイプを通過しました。

P1060250 P1060251 P1060252 P1060255

 猿もたくさんいますので、注意してください。

P1060249 P1060256

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アジア(26) 正体不明の実

 茶畑の見学を終え、別の山に向かいました。細い上り坂をバイクで遡ると、大きな笹の葉のような植物が見えてきました。

P1060188

 斜面に分け入ると、お母さんたちがなにやら収穫作業をしています。この植物の付け根のところにある小さな実を収穫しています。これは一体何でしょうか。スパイスの一種かもしれません。

P1060207 P1060208 P1060209 P1060211 P1060213 P1060189 P1060200 P1060201 P1060218

 急斜面の中で収穫するのは簡単ではありません。私は何度か滑ってしまいました。

P1060199 P1060197 P1060217 P1060226

 作業しているのはすべて女性でした。

P1060202 P1060203 P1060204 P1060220 P1060221 P1060196

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アジア(25) スパイス

茶畑の斜面や道路沿いの木にはスパイスが植えられており、男たちが収穫作業に励んでいます。

P1060127 P1060121 P1060118 P1060122 P1060123 P1060125 P1060124 P1060126

 茶畑を離れてスパイスガーデンに向かいました。途中でスパイスの分別作業をしている作業場を見かけました。写真を撮っていたら追い出されました。

P1060231 P1060228 P1060229 P1060230

 スパイスガーデンに到着しました。入場料が100Rpですが、中に入ると貧相なスパイスが少し植えられているだけで、見る価値なしです。お勧めできません。

P1060235_2 P1060236_2 P1060232_2 P1060233_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アジア(24) 茶畑の生活風景

 茶の農園の中央には労働者の住居があります。

P1060175 P1060176 P1060177 P1060178

お茶摘みのお母さんたちはヒンドゥー教徒のようですが、教会があるのでキリスト教徒の人もいるはずです。

P1060172

別のところで撮った写真ですが、3つの宗教が共存する様子を描いた絵をみかけました。今のところ3つの信者が仲良く住み分けているようです。

 P1060237_2

 集会場か学校のようなスペースに子供たちが集まっています。キリスト教、ヒンドゥー教の両方がいると思います。

P1060173 P1060182 P1060185 P1060187

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アジア(23) クミリーの茶畑

 2012年3月26日月曜日、宿のおじさんにガイドを頼み、朝9時に出発しました。まず、クミリー近郊の茶畑に向かいました。

 斜面にお茶が一面に広がっています。

P1060142 P1060136 P1060154 P1060158 P1060161

 お母さんたちが茶摘みに励んでいました。頭に袋をかけながら収穫しています。

P1060133 P1060132 P1060134 P1060135 P1060138 P1060140 P1060144 P1060145 P1060148 P1060150

 このおじさんがマネージャーのようです。

P1060147 P1060157_2 P1060162

 お茶を集める小屋に女性たちが集まり休憩をしていました。

P1060165 P1060170 P1060166 P1060167 P1060168 P1060169

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アジア(22) クミリーの下町

 クミリーのレインボーコテージ周辺の住宅地を歩いてみました。共産主義活動の拠点のような赤い小屋、アーユルベーダをみかけました。

P1060038 P1060073 P1060074

 洗濯屋さんも何件かありました。アイロンに炭火が利用されています。

P1060075 P1060040 P1060041 P1060042

 井戸水を汲みに来る人々がいるので、水道が普及していない家もあるようです。

P1060077 P1060078 P1060080 P1060084

 モスクらしき建物がありました。イスラム教徒が多いようです。

P1060102 P1060103 P1060104 P1060116

 みなさんが笑顔で元気に暮らしています。

P1060081 P1060086 P1060090 P1060093 P1060094 P1060095 P1060096 P1060099 P1060100 P1060101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アジア(21) クミリーの市街地

 クミリーに到着したのが昼時だったので、昼食をとることにしました。バスターミナルの前にある食堂でチキンビリヤーニ(90Rp)を食べ、スプライトを飲みました(25Rp)。

P1060048 P1060047 P1060046 P1060045 P1060243

 食事を済ませたあと、クミリーの市街地を歩いてみました。メインストリート沿いに商店が並びます。

P1060058 P1060070 P1060050 P1060052 P1060059 P1060065 P1060062 P1060063 P1060059_2

 高層の建物はホテルのようです。

P1060060 P1060064 P1060068

 モスクがありました。クミリーはイスラム教徒が多いようです。

P1060055 P1060054 P1060056

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アジア(20) クミリーの宿

 コッタヤムを9:25に出発し、11:25にクミリーのバスターミナルに到着しました。

P1060027 P1060029

バスターミナルにはツーリストポリスがあり、レインボーコテージという宿を紹介してもらいました。電話をして迎えに来てもらい、バイクで宿に向かいました。バスターミナルから歩いて行ける距離です。

P1060030 P1060031

名前の通り、カラフルな外観です。1泊1000Rpと割高ですが、翌日にバイクで周遊してくれるといので、ここに決めました。

P1060106 P1060036

シャワーのお湯は日中や夜は出ましたが、3日目の朝は出ませんでした。室内は広く、快適に過ごせました。

P1060032 P1060033 P1060034 P1060035

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アジア(19) クミリーへのバス旅

 コッタヤムのバスターミナルを7:55に出発し、クミリーに向かいました。しばらくすると天然ゴムの林が続きます。

P1050977 P1050988 P1060002 P1060005

 9:25に途中の街で15分の休憩がありました。

P1050995 P1050994 P1050993 P1050997 P1050998

 休憩が終わり再び出発すると、いよいよ西ガーツ山脈にさしかかります。曲がりくねった峠道を登ると、雄大な西ガーツ山脈の山並みを眺めることができます。

P1060007 P1060008 P1060010 P1060012

 山脈を登りきると茶畑が広がる高原地帯になっています。

P1060019 P1060021 P1060022 P1060014 P1060016 P1060025 P1060023

 11:25にクミリーのバスターミナルに到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アジア(18) コッタヤムのバスターミナル

 2012年3月25日はコッタヤムのホテルを7:30にチェックアウトし、バスターミナルに向かいました。本日はコッタヤムからバスでクミリーに移動します。クミリーは西ガーツ山脈の中にある小さな都市です。

 コッタヤムのバスターミナルは市街地中心部にあります。ひっきりなしにバスが発着しています。

P1050972 P1050885 P1050873 P1050876 P1050877 P1050883 P1050884 P1050973 P1050975

 7:55発のクミリー行きバスに乗り込みました。

P1050880 P1050881

| | コメント (0) | トラックバック (0)