キルギス

キルギス(14) ビシュケクからアルマティへ移動

 8月15日月曜日は、12:00にビシュケクに戻り、さくらゲストハウスでシャワーを浴びたあと、カザフスタンに向けて出発しました。

 まず路線バスで東部のマルシュルートカ乗り場に行きます。14:20に到着し、アルマティ行きに乗り込みます。

P1030571 P1030572

 14:40にターミナルを出発します(300スム)。1時間くらい走るとキルギスの出国審査場に着きました。出国はスムーズでしたが、カザフスタンの入国審査場がたくさんの人で溢れかえっています。我先にと人々がゲートに殺到しています。すさまじい光景です。

 無事入国審査を終えましたが、マルシュルートカとその乗客たちが揃うまで待たなければなりません。これが結構長い。車と乗客が揃い、再出発しました。

 途中、ドライブインで休憩します。道中は広大な草原地域が続きます。

P1030578 P1030577 P1030576 P1030575 P1030574

 19:40、アルマティのバスターミナルに到着しました。

P1030580

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(14) 迎えが来ない

 2011年8月14日は、13:00に迎えの車が来る予定になっていました。ところが、いつまでたっても来ません。これは何かトラブルが発生したのではないか、交通事故にあったのではないか、と思いました。

 翌々日にカザフスタンに行かなければならないので、最悪、車をチャーターしてビシュケクに戻ろうかとも考えました。

 17:00になり、ようやく京都出身の若者が迎えに来てくれました。ところが、車はなく、ヒッチハイクしてようやくたどり着いたようです。彼によれば、車が故障して今から修理するそうです。

 とりあえず、ヒッチハイクした車で分岐点に近い修理工場に戻りました。先客が何台か来ており、私たちの車の修理は1時間後位から始まりました。オイルのタンクに穴が開いており、走行できないそうです。穴をふさいでオイルを補充すれば治るそうです。

P1030557 P1030558 P1030559

 溶接作業をしますが、オイルが漏れたり、なかなか直りません。おなかがすいたので食堂でラグマンを注文したところで、疋田さんが「直ったよ」と呼びに来てくれました。21:30にみんなでラグマンを食べました。

 食事を済ませたのが22:00で、完全に直ったかわからない車で峠を越えビシュケクに戻るのは無理です。そこで、修理工場の従業員のおじいさんの家で泊まらせていただくことになりました。一人200スムでした。みんなでウォッカを飲みながら色々な話をし、就寝しました。

 翌8月15日月曜日は7:30に起床し、8:00に出発。ノンストップで走り12:00にビシュケクに到着しました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(13) 草原の食事

 晩御飯はテントの横にある食堂でいただきました。親戚中が集まって宴会をしていたので、その余り物をいただきました。

P1030392 P1030393 P1030395

 翌日は、ユルタでの宴会に招待されました。みなさん、できあがっており、とても明るかったです。

P1030553 P1030551 P1030556

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(12) 村の人々

 男性は放牧に出ているようで不在でした。お母さん、子供たち、おばあちゃんが生活しています。

P1030483 P1030525 P1030240 P1030460 P1030506 P1030514 P1030520 P1030530

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(11) 村の生活

 草原に住む人々は当然、ユルタに住んでいます。

P1030548 P1030485 P1030456 P1030457 P1030242

 ユルタの中を拝見させていただきました。ちょうど朝食時だったので、一緒にいただきました。焼き立てのパンはとてもおいしかったです。

P1030467 P1030517 P1030526 P1030527 P1030528 P1030544 P1030523

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(10) 牛の乳しぼり

 牛の乳絞りが始まりました。お母さんが手際よく絞っています。まず仔牛に乳を少しだけ飲ませ、すぐ母牛と引き離します。

P1030434 P1030443

 その後乳絞りをします。

P1030429 P1030445 P1030427 P1030425 P1030435 P1030446

 たくさん採れました。分離器にかけてバターも作ります。

P1030439 P1030452 P1030453 P1030454 P1030455 P1030461 P1030462

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(9) 草原の夜と朝

 夕暮れが訪れました。月が山から顔を出しました。

P1030342 P1030343 P1030344 P1030374 P1030376 P1030381

 羊を持っていくようです。肩に抱えてつり橋を渡ります。

P1030389 P1030390 P1030387 P1030388

 朝になりました。氷点下近くに気温が下がったようです。馬の糞が凍っています。

P1030401 P1030402 P1030404 P1030405 P1030407 P1030416 P1030420

 日が差すと少しずつ暖かくなってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(8) 馬の乳しぼり

 夕方になり、馬の乳絞りが始まりました。まず、母馬の首にロープをかけます。乳の出が良くなるように仔馬に乳を少しだけ飲ませます。

P1030362 P1030363

 ひざ当てをしたお母さんが乳絞りをします。

P1030347 P1030357 P1030359 P1030349 P1030360

 ヤギやヒツジと比べて乳の量は多くありません。馬乳酒を作るのでしょう。

P1030355 P1030361

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(7) 馬と羊

 草原では馬が飼育されています。モンゴルと同じように、まっすぐに張られたロープに仔馬が繋がれています。

P1030249 P1030252 P1030498 P1030500

 馬の曲乗りを披露していただきました。

P1030285 P1030291 P1030276 P1030494

 馬に塩を食べさせています。

P1030319 P1030503 P1030502 P1030320 P1030335

 羊も帰宅するようです。途中の川で水を飲んでいます。

P1030302 P1030317 P1030310

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(6) 対岸の集落

 この谷には真ん中に川が流れており、対岸の草原でたくさんの家畜が飼われています。本日お世話になる家庭の子供たちに案内され、対岸に行ってみることになりました。

P1030229 P1030233

 川には鉄製のつり橋があります。かなり揺れますが、なんとか渡ることができました。

P1030235 P1030236 P1030418 P1030417

 草原では牛、馬、羊が飼育されています。

P1030239 P1030447 P1030448 P1030449

| | コメント (0) | トラックバック (0)