Bangladesh

バングラデシュ(62) バンコク経由で帰国

 2012年1月4日水曜日はダッカからバンコク経由で日本に帰国しました。前日に依頼していた空港送迎車(800TK)で9:05に出発し、9:35にダッカの国際空港に到着しました。ダッカの交通渋滞は深刻だ、と事前に聞いていたのでかなり早めに出発しました。

 TG322は13:40発なので、チェックインまでかなり時間がありますので、空港ロビーで読書をして待ちました。近くにあった木製机のなかには野良猫がすやすやと眠っていました。

P1050479 P1050478 P1050480

 ダッカ国際空港は小さな空港です。ゲートも数えるほどしかありません。立派なレストランはありました。チキンビリヤーニと紅茶をいただきました(450TK)。

P1050482 P1050481

 14:00に離陸し、バンコクに17:10に着陸しました。着陸後のグルシャン周辺です。

P1050483

 ミャンマー上空から撮影したデルタ地帯です。

P1050485 P1050487

 着陸前のバンコク周辺の風景を撮影しました。

P1050491 P1050493 P1050495 P1050496 P1050497

 18:10にエアポートリンクに乗り、18:30にマカッサンに到着、バイクでスクンビットに向かいました。

 スクンビットのソイ11にある定宿シタディンにチェックインしました。5000円くらいで宿泊できます。バスタブはありませんが、室内は広く清潔で、いつも満足してます。

P1050499 P1050500 P1050501 P1050502 P1050503 P1050504

 円高バーツ安が進んでいるので10万円を両替しました。1万円が4065バーツでした。

 1月5日木曜日は、バイクでマカッサン駅に行き(10分)、7:35分に駅に設置されているカウンターでTG672にチェックインしました。

P1050505

 8:00のエクスプレスで空港に向かい8:15に到着しました(90B)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バングラデシュ(61) ダッカのホテル

 2012年1月3日火曜日はダッカのグルジャン地区に宿泊します。グルジャン1サークルのワシントンホテルの近くでホテルを探すことにしました。

P1050468 P1050470 P1050463

 道路に電線が捨てられている風景をたくさん見かけました。なぜ放置されているのでしょうか?

P1050464 P1050469

 それにしても電柱にかかる電線の量が半端ではありません。

P1050472 P1050473

 2つ目のホテル、「ホテル・デ・クリスタル・クラウン」に空きがありました。50ドルです。疲れていたのでチェックインすることにしました。室内は広く、清潔です。

P1050476 P1050475 P1050474 P1050460 P1050462 P1050461

 ワシントンホテルの隣にあるファーストフード店でハンバーガーを食べました。350TKもしました。めちゃくちゃ高いです。

P1050471 P1050465 P1050466

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バングラデシュ(60) オールドダッカ

ボリシャル発ダッカ行きのフェリー「シュンドルボン8」は、定刻より3時間半遅れの12時ちょうどにショドルガットに到着しました。

P1050428 P1050430 P1050431 P1050436 P1050437

 オールドダッカを歩きます。リキシャー、車で大渋滞です。

P1050438 P1050440 P1050441 P1050442 P1050446 P1050448

 壊れた感じの赤い二階建てバスが停車していました。お役御免、といった感じでしょうか。

P1050450_2 P1050451_2 P1050454_2

 囚人車も超満員です。

P1050452

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バングラデシュ(59) フェリーから眺めるダッカ

 8:30にダッカに到着する予定でしたが、座礁のため、大幅に遅延してしまいました。ポッダ川の支流であるブリゴンガ川をさかのぼります。次第に両岸に工場や造船所が増えて来ました。

P1050403 P1050404 P1050411 P1050417 P1050419 P1050420 P1050421 P1050421_2 P1050423 P1050424 P1050425 P1050427

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バングラデシュ(58) フェリーが座礁

 2012年1月3日火曜日は、朝6時30分に起床しました。フェリーは霧につつまれたポッダ川をさかのぼっています。

P1050373

 船の操舵室です。なんだか頼りなさそうなクルーが操舵しています。

P1050375

 7:30頃でしょうか、船が止まりました。船員が棒を使って水深を測っています。どうやら浅瀬に座礁したようです。

P1050376

 何度もエンジンを吹かして脱出を試みますが、全く動きません。どこからともなく、食料や飲み物を積んだ小舟が次々とフェリーに来て、商売をしています。

 これはとんでもないことになったな、最悪の場合、小舟に乗り移って脱出しようかとも考えました。あきらめムードが漂いつつあるなか、船内が騒がしくなってきました。

 なんと、パラバット11が救出に来てくれたのです。ものすごく感激しました。パラバット11の乗客も大騒ぎです。ひもをシュンドルボン8に括りつけ、引っ張ってくれました。脱出に成功し、10時ちょうどに再び動き出しました。パラバット11、ありがとう。

P1050382 P1050386 P1050387 P1050391 P1050389 P1050393 P1050395 P1050397

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バングラデシュ(57) ボリシャルを離れる

 2012年1月2日月曜日の20:30発のボリシャル発ダッカ行きのフェリー「シュンドルボン8」でボリシャルを離れることになりました。シングルルームで800TKでした。

P1050434 P1050335 P1050336

 このフェリーには売店もあります。

P1050337

 船内通路にも乗客が休んでいます。

P1050350 P1050351_2 P1050354

 1階のキャビンはたくさんの乗客であふれています。

P1050345 P1050346

 個室ではありませんが、座席のスペースもあります。

P1050355 P1050356

 いよいよ出航が近づきます。

P1050339 P1050338 P1050353

 まず、隣に停泊しているパラバット11が出航し、その後、定刻通りに出航しました。

P1050365 P1050366 P1050371

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バングラデシュ(56) ボリシャルの職人

 仕立て屋さん。

P1050313 P1050316 P1050317

 リキシャーの修理。

P1050252 P1050253

 靴磨きのオヤジ。

P1050280

 クリーニング屋。

P1050330

 揚げ物のオヤジ。

P1050327

 お菓子。

P1050238 P1050237 P1050239

 薪。

P1050318 P1050321 P1050324

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バングラデシュ(55) 木工市場

 木材を加工する地区がありました。オルガンを作っています。

P1050243 P1050242 P1050245 P1050251 P1050249 P1050247 P1050246

 家具工場。

P1050256

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バングラデシュ(54) 金属の市場

 金属を取り扱う店が集まる地区があります。

P1030907 P1030909 P1030910 P1050200 P1050201 P1050202 P1050204 P1050205 P1050212 P1050207

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バングラデシュ(53) 玉葱馬鈴薯市場

 ボリシャルの生鮮市場から少し離れた場所にジャガイモや玉ねぎなどを扱う市場があります。袋に入ったジャガイモがトラックから次々に積み下ろされています。

P1050183 P1050184 P1050192

 荷物は倉庫に入れられ、秤で重さをはかって出荷されます。

P1050190 P1050196 P1050197

 野菜を入れる袋を修繕している職人さんがいました。ジュートの袋でしょうか?

P1050216 P1050215 P1030911

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧