« ラダック2016(32) バスゴからウムラ村に | トップページ | myanmar2016-17(2) ヤンゴンからピャーポンに »

myanmar2016-17(1)エーヤワディーデルタ横断旅行日程

 2016年の年末から2017年の年始にかけて、ミャンマーのエーヤワディーデルタを横断する旅行に出ました。曜日の並びが悪く、短期間の旅行になりましたが、想像以上の良い旅になりました。

 旅行日程は以下の通りになりました。
2016年12月29日(木)関空00:30→TG673→05:05バンコク
08:00→08:45ヤンゴン、空港からタクシーでピャーポン
に移動。ピャーポン泊。
12月30日(金)ピャーポンからボガレイに移動。ボガレイ泊。
12月31日(土)ボートを1日貸し切り、ボガレイ南部の漁村を訪問。ボガレイ泊。
2017年1月1日(日)ボガレイからミャウンミャにタクシーで移動。ミャウンミャ泊。
1月2日(月)ミャウンミャからパテインにタクシーで移動。パテイン泊。
1月3日(火)パテインからヤンゴンにバスで移動。ヤンゴン1950
→TG306→21:45バンコク23:15→TG622→6:25関空。

 ミャンマー旅行自体は素晴らしかったのですが、バンコクから関空からの帰路、タイ国際航空の深夜便に乗った際に、2歳くらいの男のお子さんがぐずって泣き止まなかったのが、とても悲しく思いました。

 大人でさえしんどい深夜便に、言葉もしゃべれない幼い子供を乗せるのはかなり酷だと思います。子供がかわいそうでした。せめて日中の便にしてあげれば子供の負担も少なかったのではないでしょうか。

 見たところ、母親は子供をあやすのが下手なようでした。隣の父親はすっと知らん顔。深夜便で泣き叫んで周囲に迷惑をかけるのは十分想定されたはず。旅行計画に無理があったと思います。

 ただ、あれだけ子供が泣いても、乗客は親に一言の苦情も言わなかったことには感心しました。

 と、最後に不愉快な体験をしましたが、これからしばらく、エーヤワディーデルタ横断旅行を報告していきます。

 

|

« ラダック2016(32) バスゴからウムラ村に | トップページ | myanmar2016-17(2) ヤンゴンからピャーポンに »

myanmar2016-17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158915/64725747

この記事へのトラックバック一覧です: myanmar2016-17(1)エーヤワディーデルタ横断旅行日程:

« ラダック2016(32) バスゴからウムラ村に | トップページ | myanmar2016-17(2) ヤンゴンからピャーポンに »