« myanmar2016-17(14)対岸の漁村の住民 | トップページ

myanmar2016-17(15)別の漁村

サットサンSatsanの対岸の漁村を後にして、ボガレイに戻る途中にもう一つの漁村に立ち寄りました。エーヤワディー川の支流の東側に位置する漁村で、電波塔のようなものがある村です。細い川と大きな川の合流点に立地しています。

P1010424


P1010422


P1010370


P1010373


P1010376


P1010379

家屋は草で作られています。

P1010381


P1010389


P1010392


P1010394


P1010400

家屋には衛星アンテナや太陽電池があります。家屋の壁面などに使う竹を編み込んだものを作っている人もいました。

P1010407

P1010419


P1010390

飲み水は、乾季はため池の水を利用するようです。雨季は雨水を使うのでしょう。

P1010386


P1010418

漁村の背後には広大な田んぼが広がっており、雨季には稲作を行っているようです。水牛も出番がないようです。

P1010398


P1010396


P1010387

どこの村も子供が多く、若い女性が赤ちゃんをだっこしている姿が目立ちました。

P1010371

P1010377_2


P1010383


P1010385

P1010403


P1010393


P1010416

|

« myanmar2016-17(14)対岸の漁村の住民 | トップページ

myanmar2016-17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158915/64796968

この記事へのトラックバック一覧です: myanmar2016-17(15)別の漁村:

« myanmar2016-17(14)対岸の漁村の住民 | トップページ