« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

ラダック2016(19) スタクモ村

ナン村を離れ、幹線道路に戻り、レー方面に戻ります。ティクセから少し進んだところに、スタクモ村に入る道の入り口があります。大きなマニ車が目印です。看板も出ています。

P1000498


P1000499

途中までは石ころが広がる荒涼とした扇状地を進みます。舗装状況もあまりよくありません。ようやくスタクモ村が見えてきました。

P1000500


P1000505

正直言ってあまり見るべきものはない、民家が少なく規模の小さな集落です。

P1000508


P1000521


P1000523


P1000511

ゴンパがあります。

P1000528


P1000527


P1000526


P1000525

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(18) ナン村の奥にある村

ナン村の奥にはさらに村があります。名前はわかりません。

P1000451

P1000454

P1000456


P1000480

P1000473


P1000476


P1000492

洪水で被害を受けたのかわかりませんが、使われなくなった民家が数多くみられます。

P1000453

水が豊富で、女性が洗濯をしています。

P1000462

子供たちは元気です。

P1000478

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(17) ナン村の農民

ナン村ではたくさんの農民に出会いました。

P1000444

P1000393

P1000394

P1000417

P1000403

P1000405

P1000411




畑の段差、道路、家畜小屋などに石が活用されています。

P1000410

P1000418

P1000420

牧草用の草刈りも行われています。機械も導入されています。

P1000422

P1000426

P1000432

おじいさんと、そっくりな三兄弟が農作業を手伝っています。

P1000435

P1000448

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(16) ナン村

2016年8月15日月曜日、ティクセのチャンバホテルchambaHotelを8:40に出発しました。幹線道路を少し走ると、ナン村に向かう道路との分岐点が見えます。

P1000353

北東方面にさかのぼると、荒涼とした大地が広がります。まっすぐな道を進み、振り返ると、マト方面の風景も見ることができます。途中、砂利道の区間もあります。

P1000355

P1000359

P1000362

ナン村が見えてきました。緑が鮮やかな畑が広がります。

P1000365

P1000398

P1000395

P1000400

P1000450

農家におじゃましました。豆を炒っています。ヤクも飼育されています。

P1000377

P1000375

P1000371

P1000379

民家の2階は牧草置き場になっています。

P1000387

P1000378

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(15) イグー村

チェムレ村からいったんカルーに戻りガソリンスタンドで給油し、またインダス川沿いにさかのぼりイグー村に向かいます。幹線道路からT字路に入り、ポプラ並木が続く道を山の方にさかのぼります。

P1000304

民家も結構あります。

P1000331

P1000306

P1000309

P1000311

村の最も奥にチベット仏教の寺があります。

P1000318

P1000320

P1000322

村では麦と牧草が栽培されています。インドのビハール州から出稼ぎに来ている労働者が草刈りをしていました。

P1000326

P1000329

P1000336

おじいさん、おばあさんは伝統的な衣装を着ています。

P1000339

P1000341

民家でお茶をごちそうになりました。みなさん親切です。

P1000345

P1000346

P1000349

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(14)チェムレゴンパの麓の民家

サクティ村からチェムレ村に戻る途中に、チェムレゴンパの麓の民家に立ち寄りました。収穫作業を眺めていたところ、家に招待されました。

P1000282

P1000280

お茶のあとに、昼食もいただきました。

P1000288


P1000289


P1000292_2


P1000291


P1000296


P1000298

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(13) サクティ村とその周辺

チェムレ村の北にあるサクティ村を訪問しました。川沿いにやや大きな丸い石が印象的な村です。岩壁の下にゴンパがあります。

P1000244

P1000241

P1000271

P1000248_2

サクティ村はあまり見るべきものがなかったので、来た時に通った道路ではなく、山際に沿った農道をチェムレ村方面に引き返しました。そこでは、魅力的な農村風景に出会いました。

P1000251

P1000256

麦刈りの最盛期です。

P1000261

P1000269

親子です。頼りになりそうなお兄ちゃんです。たくましく育ってほしいですね。

P1000279

P1000278

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(12)チェムレ・ゴンパ

チェムレ村のゴンパを見学させていただきました。アプローチの道路がきれいに整備されています。

P1000218

P1000220

重厚な仏像が並びます。

P1000226

P1000229

P1000231

P1000232

P1000234

P1000236

P1000238

チベット仏教には珍しく男女が交わった像がみられました。壁画にもみられますが、ヒンドゥー教の影響でしょうか。

P1000235

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(11) チェムレ村

ティクセからチェムレ村までは125CCのバイクで約1時間かかりました。ゴンパのある山のふもとの谷に緑豊かなチェムレ村が広がっています。ちょうど、油の原料となる菜種の収穫が行われています。

P1000189

P1000191

P1000193

P1000195

P1000203

P1000206

P1000209

ゴンパから眺めたチェムレ村の風景です。

P1000222


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(10)ティクセからカルー方面へ

2016年8月14日、ストクのGHを8:30に出発し、1時間後の9:30にティクセに到着しました。大きなゴンパのふもとにあるChamba GuestHouseに宿泊することにしました。清掃のためレストランで1時間待ち、10時30分にチェックインしました。1泊1500Rpです。ホットシャワーも使えます。

P1000167

P1000168

P1000164

P1000165

P1000166

11時にティクセを出発し、南東方面に向かいます。途中、インダス川沿いに荒涼とした大地と見事な褶曲した地層をみることができます。ちなみに、カルーは道路の分岐点に位置し、軍事基地もみられます。カルーの少しレーよりにガソリンスタンドがあります。

P1000169

P1000171

P1000175

P1000176

P1000177

P1000181

P1000184



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(9) ストクの「にゃむしゃんの館」

 8月13日はストクの「にゃむしゃんの館」に宿泊しました。ネオ・ラダックという旅行会社を運営されている池田悦子さんの旦那さんの民家でのホームステイです。案内板がないので、ストクの集落に入ってからたどり着くのに手こずりました。

P1000093


P1000091

ご夫婦と3人のお子さんが住んでいる民家で食事をいただき、宿泊させていただきました。今回のラダック旅行の手配も依頼した池田さんは、明るく前向きでパワーのある方でした。辺境の地で子供3人を養いながら旅行業を営むたくましさを感じました。

 近隣には、旦那さんの親の家もあります。おじいちゃんとおばあちゃんは健在です。

P1000096


P1000145


P1000136


P1000149


P1000134

 近くで、牧草を刈り取っている親子に出会いました。

P1000140


P1000141

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(8) ストクの風景

 ストクはレーから10キロほど南部にある集落です。バイクで写真を撮りながらゆっくり行って1時間で到着しました。

P1000051


P1000054


P1000089

扇状地の河川から水を引き、大麦や牧草を栽培しています。

P1000067

P1000068


P1000059


P1000060


P1000062


P1000074


P1000077


南部には高い山が連なり、ストクはトレッキングのスタート地点としての機能を果たしています。に架かる橋のたもとにベースキャンプのような場所があります。

P1000124



P1000126


P1000127


P1000152


P1000156


P1000153


P1000157


P1000155

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(7) レーからストクに移動

 2016年8月13日の土曜日、125CCのバイクをレンタルし、レーからストクに移動しました。まず、レーの南部、上ラダックと下ラダックの分岐点となるロータリの近くにあるガソリンスタンドで給油しました。3.7リットルで285Rsでした。リッター77Rsです。

 

 上ラダックに向かう幹線道路を南東方面に進みます。チョグラムサルの南部をかすめます。高い山の麓にある扇状地の扇端に立地するストク集落を望めます。

P1000035

P1000036


P1000037


P1000038

 しばらく進むとインダス川を横切る鉄橋を渡ります。

P1000163


P1000162

橋を直進し左に折れ、ストク入口から小石と砂が堆積する扇状地の中央をさかのぼります。ゲートの下をくぐります。

P1000039


P1000042

P1000158


P1000048

振り返るとインダス川周辺の緑地、チョグラムサルの集落が望めます。

P1000045_2


P1000047_2


P1000159_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(6) レーのレンタルバイク

 ラダック旅行の最大の課題は移動手段でしょう。ミニバスなどの公共交通機関かジープなどの車・タクシーのチャーターかシェア-のいずれかを利用することになるでしょう。私の場合は一人旅なので車のチャーターは割高になるので断念、シェアだと予定が組みにくい野で断念、ミニバスが時間がかかりすぎるし時間が読みにくいので断念することになりました。

 そこで今回私は、思い切ってバイクをレンタルし、自ら運転して移動することにしました。いつもの海外旅行なら現地人に運転してもらって後ろに乗って移動することが多いのですが、ラダックでは運転手の手配ができなかったので諦めました。

 レンタルバイクの予約はネオラダックの池田さんに依頼しました。オールドロードを下ったところにあるヒマラヤンピストンというバイク屋さんです。125CCのオートマチックのスクーターです。1日800Rsで借りることができました。旅行会社を通じて予約したので、デポジットでパスポートやお金を預ける必要はありませんでした。

P1000032

私は事前に予約しましたが、レーにはレンタルバイク屋が数多く存在し、予約なしでレンタルすることは十分可能であると思えました。ギアチェンジの必要がある250や400のバイクの方が数が多いです(1台1日1200Rs前後で貸し出しているようです)。都市間の距離があるラダックでは大型バイクによる移動のほうが楽です。次の写真はジグメットGHの前の道路沿いにあるバイク屋です。

P1000023


P1000024


上下ラダックを周遊中に数多くのライダーの集団を見かけました。ただ、後に報告しましが、ラダックはガソリンスタンドが少ないので、給油が大問題です。ガソリン入りのポリタンクをくくりつけて運転する人もみかけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(5) ダイアモックス

 8月12日金曜日、レー初日は高地順応にあてました。前日から高山病の予防に効果があるとされるダイアモックスを飲んでいるので、とにかくトイレが近い。1リットルのミネラルウォーターを買い(20Rs)、飲みまくります。高山病の予防には水をひたすら飲むことだといわれてます。

 午前中は大丈夫でしたが、午後から少し頭が痛くなりました。仮眠をとりましたが、頭痛は治りません。階段を登るのにも息が上がります。

 ここでダイアモックスについて説明しますと、元々は緑内障かなにかの薬で、利尿作用があります。日本で事前に病院に行って処方してもらいました。4粒で診察料込みで4000円かかりました。レーで買うと1粒6Rsでした。レーの薬局ならどこでも販売しています。

 帰国後、尿が出にくくなりました。腎臓にも負担がかかったかもしれません。私感ですが、ラダック初日は誰でも軽い頭痛はすると思うので、水を多めに飲み休息をとり、もし2日目以降も頭痛が残るようならダイアモックスを飲んでみてはどうでしょうか。薬を飲んで体調が悪化したり体質が変わったりする方が怖い気がします。

 15時頃、両替に行きました。三叉路にあるワールド・ガーデン・カフェという野外食堂の20mくらい南に3件くらい両替商があります。100ドルが6550Rsになりました(300ドル両替)。

 デリーの空港での両替は最小限に抑え、レーで両替した方がレートが良さそうです。ただし、ラダックに入る前にデリーの中心市街地に行くことが可能なら、そちらで両替しておいた方がいいと思います。

P1000026


夜、ワールド・ガーデンカフェでチキンビリヤーニをいただきました。200Rsでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »