« 2016年8月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年9月

タイ国際航空のスケジュール変更に断固反対する!

タイ国際航空は2016年9月29日木曜日、関空バンコク間のスケジュール変更を発表しました。

TG673 2017年1月15日まで 関空00:30発→バンコク05:05着 機材:B787-8
     2017年1月16日から 関空17:25発→バンコク22:00着 機材:A380-800

TG672 2017年1月15日まで バンコク10:40発→関空18:10着 機材:B787-8
     2017年1月16日から バンコク08:15発→関空15:45着 機材:A380-800

 利用者の利便性を無視した大改悪です。まず第一に、関空の深夜便は早朝にバンコクに到着し、午前中の便でバンコクから東南・南アジアの諸都市に向かうことができ、とても便利であるのに、バンコクに午後10時に到着してもトランジットはできません。空港か外のホテルで1泊し、翌日の便を利用せよということでしょうか。あまりにも不便すぎる!

 今回私が予約していた関空とカトマンズの往復に関して検討すると、変更前は
関空00:30発→05:00着バンコク10:30発→12:45着カトマンズ 所要12:15
カトマンズ13:30発→18:15着バンコク23:30発→7:00着関空 所要17:30 
変更後は
関空17:25発→22:00着バンコク翌日10:30発→12:45着カトマンズ 所要19:20
カトマンズ13:30発→18:15着バンコク0815発→15:45着関空 所要26:15と
大幅に所要時間が増えるうえにバンコクで往路1泊復路1泊しなければなりません!
おまけに関空バンコク間はマイレージを使ったグレードアップでビジネスを利用する予定だったのに!

 さらに、深夜便の利点は、出発当日に仕事を終えたあとに利用できることにあります。変更後は17:25発なので、出発当日の仕事を休まなければなりません。

 TG672も、変更後はバンコク発8:15となり、遅くとも6時までにはスワンナプームに到着していなければなりません。鉄道も使えないし、朝5時にはタクシーでバンコクのホテルを出発する、そのためには遅くとも4時には起床しなければいけません。とんでもなく不便です。

 結局、タイ国際航空は、旅行者の利便性など全く考えず、自社の都合だけに基づいたスケジュール変更を断行しようとしていると言えるでしょう。変更後は関空での機材の滞在時間が大幅に縮まります。手持ちのA380を強引に活用するための変更に過ぎないのです。

 関空発バンコク行きの深夜便はエアアジア、JALも運航していますが、タイ国際航空が撤退してどないすんねん!スケジュール変更を即座に撤回しなさい!利用者のことを考えろ!

 今回の大改悪の要点は以下の3点です。
①関空発のフライト当日、仕事を休まなければならない。
②バンコクに到着してもトランジットできない。
③深夜便がなくなると、大幅な日程ロスが生じる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(9) ストクの「にゃむしゃんの館」

 8月13日はストクの「にゃむしゃんの館」に宿泊しました。ネオ・ラダックという旅行会社を運営されている池田悦子さんの旦那さんの民家でのホームステイです。案内板がないので、ストクの集落に入ってからたどり着くのに手こずりました。

P1000093


P1000091

ご夫婦と3人のお子さんが住んでいる民家で食事をいただき、宿泊させていただきました。今回のラダック旅行の手配も依頼した池田さんは、明るく前向きでパワーのある方でした。辺境の地で子供3人を養いながら旅行業を営むたくましさを感じました。

 近隣には、旦那さんの親の家もあります。おじいちゃんとおばあちゃんは健在です。

P1000096


P1000145


P1000136


P1000149


P1000134

 近くで、牧草を刈り取っている親子に出会いました。

P1000140


P1000141

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(8) ストクの風景

 ストクはレーから10キロほど南部にある集落です。バイクで写真を撮りながらゆっくり行って1時間で到着しました。

P1000051


P1000054


P1000089

扇状地の河川から水を引き、大麦や牧草を栽培しています。

P1000067

P1000068


P1000059


P1000060


P1000062


P1000074


P1000077


南部には高い山が連なり、ストクはトレッキングのスタート地点としての機能を果たしています。に架かる橋のたもとにベースキャンプのような場所があります。

P1000124



P1000126


P1000127


P1000152


P1000156


P1000153


P1000157


P1000155

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(7) レーからストクに移動

 2016年8月13日の土曜日、125CCのバイクをレンタルし、レーからストクに移動しました。まず、レーの南部、上ラダックと下ラダックの分岐点となるロータリの近くにあるガソリンスタンドで給油しました。3.7リットルで285Rsでした。リッター77Rsです。

 

 上ラダックに向かう幹線道路を南東方面に進みます。チョグラムサルの南部をかすめます。高い山の麓にある扇状地の扇端に立地するストク集落を望めます。

P1000035

P1000036


P1000037


P1000038

 しばらく進むとインダス川を横切る鉄橋を渡ります。

P1000163


P1000162

橋を直進し左に折れ、ストク入口から小石と砂が堆積する扇状地の中央をさかのぼります。ゲートの下をくぐります。

P1000039


P1000042

P1000158


P1000048

振り返るとインダス川周辺の緑地、チョグラムサルの集落が望めます。

P1000045_2


P1000047_2


P1000159_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(6) レーのレンタルバイク

 ラダック旅行の最大の課題は移動手段でしょう。ミニバスなどの公共交通機関かジープなどの車・タクシーのチャーターかシェア-のいずれかを利用することになるでしょう。私の場合は一人旅なので車のチャーターは割高になるので断念、シェアだと予定が組みにくい野で断念、ミニバスが時間がかかりすぎるし時間が読みにくいので断念することになりました。

 そこで今回私は、思い切ってバイクをレンタルし、自ら運転して移動することにしました。いつもの海外旅行なら現地人に運転してもらって後ろに乗って移動することが多いのですが、ラダックでは運転手の手配ができなかったので諦めました。

 レンタルバイクの予約はネオラダックの池田さんに依頼しました。オールドロードを下ったところにあるヒマラヤンピストンというバイク屋さんです。125CCのオートマチックのスクーターです。1日800Rsで借りることができました。旅行会社を通じて予約したので、デポジットでパスポートやお金を預ける必要はありませんでした。

P1000032

私は事前に予約しましたが、レーにはレンタルバイク屋が数多く存在し、予約なしでレンタルすることは十分可能であると思えました。ギアチェンジの必要がある250や400のバイクの方が数が多いです(1台1日1200Rs前後で貸し出しているようです)。都市間の距離があるラダックでは大型バイクによる移動のほうが楽です。次の写真はジグメットGHの前の道路沿いにあるバイク屋です。

P1000023


P1000024


上下ラダックを周遊中に数多くのライダーの集団を見かけました。ただ、後に報告しましが、ラダックはガソリンスタンドが少ないので、給油が大問題です。ガソリン入りのポリタンクをくくりつけて運転する人もみかけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダック2016(5) ダイアモックス

 8月12日金曜日、レー初日は高地順応にあてました。前日から高山病の予防に効果があるとされるダイアモックスを飲んでいるので、とにかくトイレが近い。1リットルのミネラルウォーターを買い(20Rs)、飲みまくります。高山病の予防には水をひたすら飲むことだといわれてます。

 午前中は大丈夫でしたが、午後から少し頭が痛くなりました。仮眠をとりましたが、頭痛は治りません。階段を登るのにも息が上がります。

 ここでダイアモックスについて説明しますと、元々は緑内障かなにかの薬で、利尿作用があります。日本で事前に病院に行って処方してもらいました。4粒で診察料込みで4000円かかりました。レーで買うと1粒6Rsでした。レーの薬局ならどこでも販売しています。

 帰国後、尿が出にくくなりました。腎臓にも負担がかかったかもしれません。私感ですが、ラダック初日は誰でも軽い頭痛はすると思うので、水を多めに飲み休息をとり、もし2日目以降も頭痛が残るようならダイアモックスを飲んでみてはどうでしょうか。薬を飲んで体調が悪化したり体質が変わったりする方が怖い気がします。

 15時頃、両替に行きました。三叉路にあるワールド・ガーデン・カフェという野外食堂の20mくらい南に3件くらい両替商があります。100ドルが6550Rsになりました(300ドル両替)。

 デリーの空港での両替は最小限に抑え、レーで両替した方がレートが良さそうです。ただし、ラダックに入る前にデリーの中心市街地に行くことが可能なら、そちらで両替しておいた方がいいと思います。

P1000026


夜、ワールド・ガーデンカフェでチキンビリヤーニをいただきました。200Rsでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2017年1月 »