« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

南アジア(10) アレッピーの魚市場

 アレッピーの市場に行ってみました。船着場からオートリキシャーで5分くらいのところにあります。

 まず魚市場がありました。海沿いの都市なので、魚介類が豊富です。

P1050682 P1050659 P1050656 P1050657 P1050660 P1050665 P1050666 P1050668 P1050670 P1050671 P1050672 P1050673 P1050676 P1050679

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アジア(9) バナナチップ

 2012年3月24日土曜日は、ホームステイ先を8:30にチェックアウトし、渡し船乗り場付近にあるバス停からアレッピー行きに乗りました。もうバスにはたくさんの客が乗りこんでいました。

P1050651 P1050652 P1050650 P1050653

 8:45に出発し、9:30にアレッピー(アレップーザ)に到着しました。本日はフェリーでコッタヤムに移動する予定です。出発時刻は11:30。約2時間あります。

 フェリー乗り場付近にあるバナナチップ屋さんに立ち寄りました。1袋50Rpで購入しました。結構な値段ですが、とてもおいしくいただきました。

P1050721 P1050722 P1050724 P1050737 P1050736 P1050738

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アジア(8) 水郷地帯の風景

 ホームステイでボッタクリにあいましたが、気を取り直して、周辺の水郷地帯を散策しました。のどかな水田が広がっています。

P1050571 P1050600 P1050607 P1050598

 運河に沿って歩くと、水田の中に民家があったので、訪問してみました。みなさん歓迎してくださいました。

P1050584 P1050579 P1050578 P1050576 P1050582 P1050610 P1050601

 教会がありました。キリスト教徒が多いようです。

P1050618 P1050591 P1050594 P1050619 P1050621 P1050622

 夕方の穏やかな農村を歩くと、心が安らぎます。

P1050615 P1050616

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アジア(7) ホームステイ先

 アレッピー郊外の水郷地帯に位置する村にあるホームステイ先に到着しました。エアコンなし、水シャワー、木の窓など、とても2000Rpの価値はありません。キャンセルして、今からアレッピーに戻り宿を探すのも時間の無駄だし、だまされたと思って宿泊することにしました。

P1050649 P1050569 P1050570 

 お薦めできないホームステイです。800Rp位が妥当だと思います。ATDCにいた男性が食事の準備をしてくれました。この男性の実家のようです。

P1050636 P1050635 P1050645 P1050646

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南インド(6) アレッピーでホームステイ

 アレッピーには13:10に到着しました。中心部のバスターミナルに着きます。

P1050554

 まず昼食をいただきました。セットで45Rpでした。

P1050555

 そして本日の宿を決めることにしました。アレッピー周辺ではホームステイができると聞いていたので、DTPCで尋ねてみましたが、曖昧な返事ばかりで、埒があきません。

P1050558

 次に近くのATDCに行ってみました。スタッフが2000Rpでホームステイ先を紹介してくれるそうです。2000Rとはまた高価な…と思いましたが、おしゃれな部屋と豪華な食事が用意されていると思い、承諾しました。

P1050561

リキシャーで45分かかる水郷地帯に向かいます(300Rp)。ホームステイ先は、水路の渡し船の近くにあります。

P1050563 P1050565 P1050567 P1050568

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南インド(5) バスでアレッピーへ

P1050540 P1050541 P1050542  2012年3月23日金曜日は、バスでコーチンからアレッピーに移動しました。エルナクラムの鉄道沿いにあるKSRTCバスターミナルからバスに乗ります。

P1050539

 11:20発の赤いバスに乗り込みます。アレッピーまで41Rpです。

P1050543_2 P1050545

 コーチンの港には造船所があります。

P1050550 P1050552

 13:10にアレッピーに到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アジア(4) コーチンでの両替

 ホテルでチェックアウトを済ませ、まず両替を済ませることにしました。銀行や両替屋はありますが、10時開店のようです。

P1050530 P1060876 P1050532 P1050549

 銀行やトーマスクック、両替屋をまわり、最もレートの良い両替商で300$を15000ルピーにしました(1ドル50ルピー)。

P1050531

 両替を終え、TSRTCバスターミナルに向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アジア(3) ホテル・エクセレンシー

 2012年3月22日木曜日の宿泊先はコーチンのエルナクラム地区にあるホテル・エクセレンシーでした。アゴダで1泊32.5$(2570円、朝食込み)で予約しました。

P1050528

 このホテルはエルナクラムの中心地にあります。メインストリートのマハトマガンジーロードから細い路地を50mくらい入ります(標識あり)。

P1050534

 ロンリープラネット(旧版)では「外観は病院のよう」と紹介されています。部屋は広くて清潔、冷蔵庫、テレビ、エアコン、ホットシャワーなど十分な設備があります。

P1050529 P1050536 P1050537 P1050538

 朝食は1階の食堂でいただきます。

P1050527

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アジア(2) シルクエアーでコーチンに

 チャンギ空港で3時間休憩し、19:45にシルクエアーの搭乗手続きが始まりました。定刻より2分遅れの20:47に空港を離れ、21:15にチャンギ空港を離陸しました。離陸まで30分も時間がかかりました。

 機体はA330で、通路の左右の3座席あります。エコノミーは95%の搭乗率です。インドとシンガポールは2時間半の時差がありますので、時計を遅らせます。

 インド時間22:50にコーチンに着陸しました。事前に観光ビザを取得しておりましたので、スムーズに入国手続きを済ませ、空港の銀行で50㌦を2450ルピーに両替しました。

 さあ、いよいよ深夜のタクシー移動です。昔アグラに深夜に到着し、タクシーでひやっとする経験をしたことがあるので心配していました。コーチンの場合は空港にプリペイドタクシーがあるので少し安心しました。コーチンのエルナクラム地区まで片道561ルピーでした。

 23:10に空港を出発しました。夜中なので道がガラガラです。23:40にホテル・エクセレンシーに到着しました。深夜でしたがフロントは明るく、スタッフがいたので安心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南インド(1) SQでシンガポールへ

 2012年3月22日木曜日、シンガポール経由で南インド・ケーララ州を訪問しました。今回はシンガポール航空を利用しました。普段、南インドへはTGを利用するのですが乗り継ぎが不便なので、シンガポール経由で同日中にコーチンに入ることにしました。

 関空発シンガポール行きSQ619(A330-300)は10:30に搭乗手続き開始、11:05に出発、11:15に離陸しました。搭乗率は9割ほどです。

P1050507

 SQの機内食(和食)はおいしく、食後にハーゲンダッツも出ました。クルーの反応も良く、きびきびした動きが目を引きます。エコノミーの新婚旅行中カップルにウェディングケーキとシャンパンのサービスがありました。

 16:45にチャンギ空港のターミナル3に着陸しました。電車に乗りターミナル2に移動します。本日利用するシルクエアーの機体も見かけました。

P1050511 P1050514 P1050517 P1050521

 チャンギ空港で軽食をとりました。チキンライス6.5S$です。安くないしあまりおいしくない、しかもツーリスト用と空港スタッフ用の2つの価格表示がされており、気分が良くないのです。シンガポールらしくない配慮のなさだと思いました。

P1050522 P1050523 P1050519

 空港内の足マッサージは30分で51S$(約3000)円です。日本と同じ価格です。SQは素晴らしく、チャンギはイマイチ、と感じました。

P1050518

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南インド旅行

 2012年春、南インドのケーララ州を旅行しました。アレッピーからコッタヤムのバックウォーター、西ガーツ山脈のプランテーションを見に行きました。日程と訪問地は以下のようになりました。

3月22日(木)関空11:00→15:45シンガポール20:45→シルクエアー→22:45コーチン
23日(金)コーチン→アレッピー
24日(土)アレッピー→コッタヤム
25日(日)コッタヤム→クミリー
26日(月)クミリー
27日(火)クミリー→コーチン
28日(水)コーチン
29日(木)コーチン→シンガポール
30日(金)シンガポール01:25→08:55関空

 天候に恵まれ、良い旅になりました。往復に利用したシンガポール航空も素晴らしい航空会社でした。これからしばらく南インド旅行を振り返りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バングラデシュ(62) バンコク経由で帰国

 2012年1月4日水曜日はダッカからバンコク経由で日本に帰国しました。前日に依頼していた空港送迎車(800TK)で9:05に出発し、9:35にダッカの国際空港に到着しました。ダッカの交通渋滞は深刻だ、と事前に聞いていたのでかなり早めに出発しました。

 TG322は13:40発なので、チェックインまでかなり時間がありますので、空港ロビーで読書をして待ちました。近くにあった木製机のなかには野良猫がすやすやと眠っていました。

P1050479 P1050478 P1050480

 ダッカ国際空港は小さな空港です。ゲートも数えるほどしかありません。立派なレストランはありました。チキンビリヤーニと紅茶をいただきました(450TK)。

P1050482 P1050481

 14:00に離陸し、バンコクに17:10に着陸しました。着陸後のグルシャン周辺です。

P1050483

 ミャンマー上空から撮影したデルタ地帯です。

P1050485 P1050487

 着陸前のバンコク周辺の風景を撮影しました。

P1050491 P1050493 P1050495 P1050496 P1050497

 18:10にエアポートリンクに乗り、18:30にマカッサンに到着、バイクでスクンビットに向かいました。

 スクンビットのソイ11にある定宿シタディンにチェックインしました。5000円くらいで宿泊できます。バスタブはありませんが、室内は広く清潔で、いつも満足してます。

P1050499 P1050500 P1050501 P1050502 P1050503 P1050504

 円高バーツ安が進んでいるので10万円を両替しました。1万円が4065バーツでした。

 1月5日木曜日は、バイクでマカッサン駅に行き(10分)、7:35分に駅に設置されているカウンターでTG672にチェックインしました。

P1050505

 8:00のエクスプレスで空港に向かい8:15に到着しました(90B)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バングラデシュ(61) ダッカのホテル

 2012年1月3日火曜日はダッカのグルジャン地区に宿泊します。グルジャン1サークルのワシントンホテルの近くでホテルを探すことにしました。

P1050468 P1050470 P1050463

 道路に電線が捨てられている風景をたくさん見かけました。なぜ放置されているのでしょうか?

P1050464 P1050469

 それにしても電柱にかかる電線の量が半端ではありません。

P1050472 P1050473

 2つ目のホテル、「ホテル・デ・クリスタル・クラウン」に空きがありました。50ドルです。疲れていたのでチェックインすることにしました。室内は広く、清潔です。

P1050476 P1050475 P1050474 P1050460 P1050462 P1050461

 ワシントンホテルの隣にあるファーストフード店でハンバーガーを食べました。350TKもしました。めちゃくちゃ高いです。

P1050471 P1050465 P1050466

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バングラデシュ(60) オールドダッカ

ボリシャル発ダッカ行きのフェリー「シュンドルボン8」は、定刻より3時間半遅れの12時ちょうどにショドルガットに到着しました。

P1050428 P1050430 P1050431 P1050436 P1050437

 オールドダッカを歩きます。リキシャー、車で大渋滞です。

P1050438 P1050440 P1050441 P1050442 P1050446 P1050448

 壊れた感じの赤い二階建てバスが停車していました。お役御免、といった感じでしょうか。

P1050450_2 P1050451_2 P1050454_2

 囚人車も超満員です。

P1050452

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バングラデシュ(59) フェリーから眺めるダッカ

 8:30にダッカに到着する予定でしたが、座礁のため、大幅に遅延してしまいました。ポッダ川の支流であるブリゴンガ川をさかのぼります。次第に両岸に工場や造船所が増えて来ました。

P1050403 P1050404 P1050411 P1050417 P1050419 P1050420 P1050421 P1050421_2 P1050423 P1050424 P1050425 P1050427

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »