« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

カザフスタン(8) 帰国の途

 アルマティの市街地見学を終え、カズジョルホテルに戻り、預けていた荷物を受け取り、ホテルの近くの洋菓子屋兼喫茶店でお茶を飲みました。

 19:55に32番の空港行きバスに乗りました(50テンゲ)。20:30に空港近くのバス停につき、空港まで少し歩きます。

 出国審査を済ませ、アルマティ23:10出発予定のアシアナ航空の搭乗を待ちます。23:35に搭乗が開始され、1時間5分遅れの0:15に離陸しました。機内は98%くらいの搭乗率でしょうか。

 8月17日水曜日、40分遅れの8:30に着陸しました。韓国での入国手続きは長蛇の列、時間がかかりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カザフスタン(7) 中央バザールの食材

 カザフスタンには朝鮮族の方が住んでらっしゃるので、キムチなどが売られていました。

P1030686 P1030647 P1030648 P1030649 P1030650 P1030651  

 ナッツ類

P1030664 P1030642 P1030643

 乳製品

P1030659 P1030662 P1030663

 内陸国ですが魚も売られていました(淡水魚か)。

P1030644 P1030645

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カザフスタン(6) 肉売り場

 中央バザールの屋内には肉売り場があります。家畜の種類によって売り場が分かれています。

P1030675 P1030680 P1030681 P1030685 P1030683

 牛

P1030652 P1030653 P1030657 P1030660 P1030682 P1030673 P1030679 P1030684_2

P1030668 P1030666

 鶏

P1030669

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カザフスタン(5) バザールの野菜と果物

 中央バザールでは、新鮮な果物が目立ちます。

P1030625 P1030627 P1030641 P1030640 P1030639 P1030637 P1030628 P1030636 P1030630

 イチゴが特産品なのでしょうか。

P1030620 P1030629 P1030646 P1030635 P1030632 P1030624

 野菜

P1030621 P1030622 P1030626 P1030633 P1030638

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カザフスタン(4) アルマティの中央バザール

 次にトラムに乗って中央バザール方面に向かいました。しかし、揺れがあまりにひどく、酔いそうだったのですぐ降りました。

P1030707 P1030699

 中央バザール周辺には大きなショッピングセンターがあります。近くの有料トイレに入ると扉がありませんでした。

P1030697 P1030706_2 P1030705_2 

 中央バザールの対面にはトゥルキスタンホテルがあります。

P1030619 P1030692 P1030693

 中央バザールの周辺では、地方から野菜や果物を売りに来たトラックをみかけます。遠くから来たので、売れるといいですね。

P1030696 P1030694 P1030695 P1030690

 中央バザールに入ります。怪しげな占い師の女性の話を熱心に聞き入っています。

P1030689 P1030687 P1030618 P1030617 P1030688

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カザフスタン(3) 教会

 2011年8月16日火曜日はいよいよ帰国の日です。荷物を預け、11:00にカズジョルホテルをチェックアウトしました。

 まず、28人のパンフィロフ戦士公園に行きました。

P1030597

 この公園にはゼンコフ正教教会があります。

P1030598 P1030599 P1030615 P1030614

 ちょうどお祈りが行われていました。

P1030613 P1030602 P1030603 P1030605 P1030610

 教会内は華やかな装飾が目立ちます。

P1030604 P1030606 P1030608 P1030609

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カザフスタン(2) アルマティでの食事

 ホテルで一休みして、夕食に出かけました。カズジョルホテルの近くにある中華料理屋で食事をしました。ビールはぬるいし、店員はテレビドラマを見て仕事しないし、感じの悪い店でした。瓶ビール、ドラフトビール、料理、税金合わせて1210テンゲも取られました。

P1030585 P1030584

 翌日の昼は、地球の歩き方で紹介されているシー・ボン・ハーというレストランで食事をしました。麺510テンゲ、ペプシ150、税金合わせて726テンゲでした。ペプシはぬるいし、麺はおいしくないし、がっかりさせられました。

P1030704 P1030701 P1030702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カザフスタン(1) アルマティのホテル

 8月15日月曜日の19:40に、アルマティのバスターミナルに到着しました。ここから市街地中心部へバスで移動しました(100テンゲ)。

 キルギス、カザフスタン入国で疲れているので、本日は中級ホテルでゆっくり静養したいと考えました。ロンリープラネットでお薦めとなっているhotel kazzholに宿泊しました。普通に読めばカズフールですが、地球の歩き方では「カズジョル」となっています。

P1030594 P1030590 P1030588

 エコノミーのシングルルームで11900テンゲです。物価が急上昇しているカザフスタンですが、かなり高いです。ドルは受け取ってくれなかったので、両替に行きました。1ドル147テンゲでした。ということは1泊81ドル、約6300円です。

 P1030586 P1030587

 室内は狭くなく、とてもきれいです。バスルームも清潔で、熱湯も大量に出ます。

P1030581 P1030582 P1030583

 このホテルの隣にはユウトホテルがあります。

P1030593 P1030592

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(14) ビシュケクからアルマティへ移動

 8月15日月曜日は、12:00にビシュケクに戻り、さくらゲストハウスでシャワーを浴びたあと、カザフスタンに向けて出発しました。

 まず路線バスで東部のマルシュルートカ乗り場に行きます。14:20に到着し、アルマティ行きに乗り込みます。

P1030571 P1030572

 14:40にターミナルを出発します(300スム)。1時間くらい走るとキルギスの出国審査場に着きました。出国はスムーズでしたが、カザフスタンの入国審査場がたくさんの人で溢れかえっています。我先にと人々がゲートに殺到しています。すさまじい光景です。

 無事入国審査を終えましたが、マルシュルートカとその乗客たちが揃うまで待たなければなりません。これが結構長い。車と乗客が揃い、再出発しました。

 途中、ドライブインで休憩します。道中は広大な草原地域が続きます。

P1030578 P1030577 P1030576 P1030575 P1030574

 19:40、アルマティのバスターミナルに到着しました。

P1030580

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(14) 迎えが来ない

 2011年8月14日は、13:00に迎えの車が来る予定になっていました。ところが、いつまでたっても来ません。これは何かトラブルが発生したのではないか、交通事故にあったのではないか、と思いました。

 翌々日にカザフスタンに行かなければならないので、最悪、車をチャーターしてビシュケクに戻ろうかとも考えました。

 17:00になり、ようやく京都出身の若者が迎えに来てくれました。ところが、車はなく、ヒッチハイクしてようやくたどり着いたようです。彼によれば、車が故障して今から修理するそうです。

 とりあえず、ヒッチハイクした車で分岐点に近い修理工場に戻りました。先客が何台か来ており、私たちの車の修理は1時間後位から始まりました。オイルのタンクに穴が開いており、走行できないそうです。穴をふさいでオイルを補充すれば治るそうです。

P1030557 P1030558 P1030559

 溶接作業をしますが、オイルが漏れたり、なかなか直りません。おなかがすいたので食堂でラグマンを注文したところで、疋田さんが「直ったよ」と呼びに来てくれました。21:30にみんなでラグマンを食べました。

 食事を済ませたのが22:00で、完全に直ったかわからない車で峠を越えビシュケクに戻るのは無理です。そこで、修理工場の従業員のおじいさんの家で泊まらせていただくことになりました。一人200スムでした。みんなでウォッカを飲みながら色々な話をし、就寝しました。

 翌8月15日月曜日は7:30に起床し、8:00に出発。ノンストップで走り12:00にビシュケクに到着しました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(13) 草原の食事

 晩御飯はテントの横にある食堂でいただきました。親戚中が集まって宴会をしていたので、その余り物をいただきました。

P1030392 P1030393 P1030395

 翌日は、ユルタでの宴会に招待されました。みなさん、できあがっており、とても明るかったです。

P1030553 P1030551 P1030556

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(12) 村の人々

 男性は放牧に出ているようで不在でした。お母さん、子供たち、おばあちゃんが生活しています。

P1030483 P1030525 P1030240 P1030460 P1030506 P1030514 P1030520 P1030530

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(11) 村の生活

 草原に住む人々は当然、ユルタに住んでいます。

P1030548 P1030485 P1030456 P1030457 P1030242

 ユルタの中を拝見させていただきました。ちょうど朝食時だったので、一緒にいただきました。焼き立てのパンはとてもおいしかったです。

P1030467 P1030517 P1030526 P1030527 P1030528 P1030544 P1030523

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(10) 牛の乳しぼり

 牛の乳絞りが始まりました。お母さんが手際よく絞っています。まず仔牛に乳を少しだけ飲ませ、すぐ母牛と引き離します。

P1030434 P1030443

 その後乳絞りをします。

P1030429 P1030445 P1030427 P1030425 P1030435 P1030446

 たくさん採れました。分離器にかけてバターも作ります。

P1030439 P1030452 P1030453 P1030454 P1030455 P1030461 P1030462

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(9) 草原の夜と朝

 夕暮れが訪れました。月が山から顔を出しました。

P1030342 P1030343 P1030344 P1030374 P1030376 P1030381

 羊を持っていくようです。肩に抱えてつり橋を渡ります。

P1030389 P1030390 P1030387 P1030388

 朝になりました。氷点下近くに気温が下がったようです。馬の糞が凍っています。

P1030401 P1030402 P1030404 P1030405 P1030407 P1030416 P1030420

 日が差すと少しずつ暖かくなってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルギス(8) 馬の乳しぼり

 夕方になり、馬の乳絞りが始まりました。まず、母馬の首にロープをかけます。乳の出が良くなるように仔馬に乳を少しだけ飲ませます。

P1030362 P1030363

 ひざ当てをしたお母さんが乳絞りをします。

P1030347 P1030357 P1030359 P1030349 P1030360

 ヤギやヒツジと比べて乳の量は多くありません。馬乳酒を作るのでしょう。

P1030355 P1030361

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »