« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

ウズベキスタン(40) シヤブバザールのナン

 2011年8月11日木曜日は朝からシヤブバザールに行きました。サマルカンドの名物・ナンが販売されています。1つ2000スムです。

P1020458 P1020827 P1020830 P1020787 P1020792 P1020793 P1020805 P1020870 P1020873 P1020882

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(39) ウルグベク天文台跡

 シャーヒズィンダからタクシー(3000スム払いました)に乗り、ウルグベク天文台跡に向かいました。綺麗に整備された丘の上にあります。

P1020753 P1020755

 「天文台の基礎と六分儀の地下部分のみが残って」います(地球の歩き方)。ウルグベクはこの施設を用いて、「1年間を365日6時間10分8秒と推測した」そうです。現在、精密機器での計測が「365日6時間9分9.6秒で、誤差は1分にも満たない」のです。1400年代にここまで正確な計測ができたのは驚きです。

P1020756 P1020757 P1020758

 隣接する記念館のような建物には当時の観測などを描いた絵が展示されています。

P1020763 P1020765 P1020766 P1020772 P1020773 P1020774 P1020776 P1020777 P1020778 P1020779 P1020780 P1020781

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(38) シャーヒズィンダ

 サマルカンドの市街地北東部にあるシャーヒズィンダ廟群を見に行きました。入場料6600スム、写真撮影料3000スムでした(2011年8月当時)。

 P1020699 P1020700 P1020701 P1020704 P1020710 P1020714 P1020715 P1020721 P1020722 P1020728 P1020729 P1020736 P1020737 P1020738 P1020740 P1020743 P1020752

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(37) ウルグットのバザール

 集落をあとにして、カマンガロンバザールに戻り路線バスに乗りました。

P1020659 P1020660

 ウルグットの市街地にある市場を訪問しました。

P1020664 P1020682_2 P1020694

 屋根つきのバザールにはナン、野菜、肉などが販売されています。

P1020686 P1020672 P1020675 P1020669 P1020671 P1020673 P1020690 P1020691 P1020677

 帰りは、市場近くから出ているミニバスに乗りました。所要時間50分、2500スム、サマルカンド南東部のバスターミナルに到着します。

P1020697

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(36) 集落で出会った人々

 集落ではたくさんの子供たちと出会いました。

P1020524 P1020529 P1020534 P1020550 P1020556 P1020577 P1020581 P1020624 P1020628 P1020648 P1020580

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(35) 昼食に招待される

 集落を歩いていると、建築作業をしている民家がありました。土でできたレンガを積み上げ壁を作っています。

P1020551 P1020554

 ちょうど昼食タイムに入ったので、呼ばれることになりました。焼き立てのナンをブドウにつけて食べる。最高においしいです。米の入ったスープもいただきました。ウズベキスタンで最もうまい食事となりました。

P1020558 P1020565 P1020564 P1020571 P1020569 P1020568 P1020567 P1020563 P1020561 P1020560

 子供たちは学校で英語の勉強をしているそうです。

P1020575 P1020574 P1020573 P1020572

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(34) 集落の様子

 この集落は山のふもとに立地しています。

P1020627 P1020605

 斜面ではリンゴが栽培されています。

P1020613 P1020607 P1020609 P1020616

 民家にお邪魔させていただきました。質素な生活をされているようです。

P1020656 P1020655 P1020657 P1020650

 刺繍をしている女性もいました。

P1020639 P1020642

 村では馬車が活躍しています。

P1020632 P1020644

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(33) 集落のブドウ畑

 ウルグットの新市場であるカマンガロンバザールの近くには、山麓に集落がありました。さっそく、乗合のミニバンに乗り込み、集落を目指しました。

P1020470 P1020521

 集落にはブドウ畑が広がっています。

P1020595

 最初に出会ったのはブドウを加工している農家の人々でした。いったん汁につけて、そのあと天日で干して乾燥させているようです。

P1020526 P1020527 P1020658

 棚で干したり、地面にシートを張って干しています。

P1020589 P1020588 P1020586 P1020530

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(32) ウルグット

 2011年8月10日水曜日は、サマルカンドから25キロ離れたところにあるウルグットという街に行きました。

 博物館前からバスに乗り(400スム)、パンジャケント通りを南東方面に少し行くと、バスターミナルがあります。そこからウルグット行きのバスに乗ります(2500スム)。8:10に出発し、9時ちょうどに終点のカマンガロンバザールに到着しました。新しいバザールです。

P1020471 P1020474

 このバザールは服や雑貨中心です。

P1020507 P1020506 P1020510 P1020477

 広大な売り場の一角でスザニが売られていますが、曜日の関係で本日は小規模なようです。

P1020481 P1020491 P1020503 P1020492 P1020487

 外国人がスザニを買い付けに来ているようです。

P1020495_2 P1020498_2 P1020500_2

 揚げものを眺めていると、お父さんがタダでくれました。やさしいです。

P1020486 P1020488

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(31) サマルカンドでの食事

 サマルカンドに到着した8月10日水曜日の昼食と夕食を紹介しておきます。

 昼食はレギスタンの南にある、大通り沿いのラビ・ゴールという食堂でいただきました。ウズベキスタン名物のプロフをいただきましたが、あまりおいしくありませんでした。プロフ4000スム、コーラ250mlが2000スム、計6000スムに税金を820スム、きっちり徴収されました。

P1020407 P1020408

 夕食は、同じくレギスタンの南側にあるレストランで食べました。ジャルコーエ、マンティ、ビールで合計20000スムでした。高すぎます。サマルカンドでの食事は、宿のスタッフにアドバイスをもらったほうがいいと思います。地元の人が行く安くておいしい店がきっとあるはずですから。

P1020463 P1020465

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(30) ビビハニム・モスク

 レギスタン前に戻り、電気自動車(500スム)に乗り、シヤブバザールに近いビビハニム・モスクを見学しました。

P1020459

 レギスタンの前からシヤブバザールまでは歩道と店舗が整備されています。

P1020405_2 P1020808_2 P1020436 P1020438_2 P1020437  

 シアブバザール手前にビビハニム・モスクがあります。入場料6600スム、写真撮影料3000スムでした(2011年8月当時)。

P1020809 P1020812 P1020456 P1020445 P1020442 P1020451

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(29) グリ・アミール

 宿に荷物を置き、さっそく街に出ました。まずは、綺麗に整備された公園の中にあるルハバッド廟を見学しました。

P1020409 P1020410 P1020416 P1020412 P1020415

 その裏には、ティムール一族が葬られているグリ・アミールがあります。

P1020417 P1020419 P1020422 P1020423 P1020425 P1020429

 入場料は6600スム、写真撮影料は3000スムでした(2011年8月当時)。建物内部に写真代金を徴収する女性がいらっしゃいます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(28) サマルカンドの宿

 サマルカンドに到着後、さっそく宿泊先を探しました。ロンリープラネットに掲載されているティムールザグレートに行ってみましたが、すでに満席でした。そこで、すぐ近くにあり「地球の歩き方」に載っているフルカットに行きました。

P1020404

 幸い空きがありましたので、30ドルの部屋を確保しました。ベットは2つ、エアコン、冷蔵庫、ホットシャワーがあります。

P1020401 P1020402 P1020403

 広い中庭に団欒スペースがあります。このゲストハウスは店主の男性とその息子さんが運営されています。店主のお父さんは気配り目配りができ親切です。

P1020397 P1020398_2 P1020469

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(27) シャフリサーブスからサマルカンドへの移動

 2011年8月9日火曜日は、朝からバザールを見学したのちにオリエンタルスターホテルを10:45にチェックアウトし、サマルカンドに移動しました。

 まずサマルカンドに向かうタクシーを探そうと大通りを歩いてみます。

P1020164 P1020166

 うろちょろしていたら、近くにいたドライバーが声をかけてくれました。25000スムで行ってくれるそうです。高くないと判断し、お願いすることにしました。

 11:00に出発し、11:15に街で降ろされてしまいました。私はてっきりサマルカンドまで直行してくれるものだと思い込んでいましたが、ガイドブックに書いてあるように、シャフリサーブスからサマルカンドまでの乗合タクシーは無くて、いったんキターブまで行って乗り換えるしかなさそうです。

P1020377

 乗客が5人そろうまで45分かかりました。ちょうど12:00にキターブを出発しました。しばらくすると急勾配ときついカーブが連続する峠道にさしかかりました。途中で軍のチェックポイントもあります。

P1020379 P1020380 P1020385 P1020386 P1020389 P1020392

 峠を越えると荒涼とした大地の中に、緑豊かな耕地と集落を望むことができます。

P1020394

 猛スピードで疾走したので、13:20にサマルカンドに到着しました。レギスタン広場にちかい大通りのスーパーマーケットの前で降ろしてもらいました。

P1020406

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(26) バザールの人々

 バザールで出会った人々です。

P1020211 P1020226 P1020264 P1020270 P1020273 P1020280 P1020293 P1020300 P1020305 P1020333 P1020336 P1020356

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(25) バザールの品物

 バザールでは、野菜、果物、ナン、の他に、米、乳製品やナッツ類、卵、岩塩、ハチミツなどを見かけました。

P1020208 P1020245 P1020248 P1020276 P1020281 P1020287 P1020317 P1020319

 民族衣装も売られていました。購入したかったのですが、荷物になるので断念しました。

P1020322 P1020321

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »