« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

ウズベキスタン(24) ナンと肉

 ナンがたくさんありました。

P1020204 P1020242 P1020250 P1020369 P1020370 P1020373

 普通のパンもありました。

P1020314 P1020372  

 肉はあまりたくさん売られていませんでした。

P1020351 P1020354 P1020361

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(23) バザールの野菜

 トマト、ニンジン、ピーマンなどの新鮮な野菜が並んでいます。

P1020216 P1020236 P1020225 P1020234 P1020247 P1020278 P1020297 P1020309 P1020310 P1020366  

刻んだ野菜が売られていました。手際よく千切りにしています。

P1020291 P1020292

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(22) シャフリサーブスのバザール

 8月9日火曜日、朝からバザールを訪問しました。

P1020200 P1020102 P1020329

 男性が台車を使って荷物を運んでいます。

P1020298_2 P1020312 P1020374

 ブドウや桃など新鮮な果物が販売されています。

P1020100 P1020101 P1020231 P1020341 P1020345 P1020346

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(21) シャフリサーブスでの食事

 シャフリサーブスでは昼過ぎにビールと肉、夜にハンバーグをいただきました。

 大通り沿いにオープン形式の食堂があったので入ってみました。地元の人もビールを飲んでいます。イスラム教のはずですが、大丈夫なのでしょうか。

P1020170 P1020168

 さっそく生ビールと羊肉の串焼きを注文しました。おいしくいただきました(ジョッキ2つと串焼き1本で10000スム)。

P1020171 P1020175 P1020178

 次に、夜遅くにホテルの横にあるレストランでハンバーグをいただきました(ハンバーグと水で合計5000スム)。本当はプロフを食べたかったのですが売り切れていました。

P1020192

 翌日の朝、この食堂に行ったらプロフがありました。おいしそうです。

P1020375 P1020376

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(20) ティムール関係の建築群

 シャフリサーブスはティムールの生誕地なので、ティムールに関係する建築物が存在します。まず、ティムールの父親が埋葬されているドルッティロヴァット建築群に行ってみました。モスクと廟があります。

P1020106 P1020108 P1020109 P1020113 P1020115 P1020119 P1020124

 次に、隣にあるドルッサオダット建築群を見て回りました。ティムールが埋葬されるはずだった石棺がありました。

P1020135 P1020138 P1020153 P1020149 P1020151 P1020152

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(19) アク・サライ宮殿跡

 ホテルでシャワーを浴びた後、さっそく街に出ました。猛暑のブハラと違い、シャフリサーブスは昼間でも外出できます。快適です。

 まずオリエント・スターホテルの隣にあるアク・サライ宮殿跡に行きました。ティムールの生前に建設が始まったとされる宮殿です。現在は壊れたアーチだけが残っています。

P1020062 P1020063 P1020065 P1020068

 宮殿跡の頂上へは入場料3000スムが必要です。頂上からの眺めは爽快です。

P1020070 P1020076

 広場にはティムール像と噴水があり、市民の憩いの場となっています。昼間は水浴びをする子供たちの姿もあります。夜になると家族連れで賑わいます。

P1020086 P1020087 P1020090 P1020190 P1020187

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(18) オリエント・スターホテル

 8月8日の13:30にようやくシャフリサーブスに到着しました。本日はオリエント・スターホテルに宿泊することにしました。ティムール像にも近く、バザールにも歩いて行けるので、結構便利です。

P1020194_2

 ロビーや廊下はとても広く、おそらく旧ソ連時代に建設されたと思われます。1泊35ドル、現金前払いです。

 室内は広くて、エアコン、ホットシャワーが使えます。古いですが快適に過ごせました。

P1020059 P1020060 P1020061

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(17) ガソリンスタンド

 カルシのバザールを9:30に出発し、シャフリサーブスに向かう途中で12:00頃、ガソリンスタンドに立ち寄りました。このスタンドは、ガソリンなのか、天然ガスなのか、燃料はわかりませんが、とにかく長蛇の列です。ウズベキスタンではガラガラのスタンドと、混雑しているスタンドの差が激しいので要注意です。

P1020024

 かなり時間がかかりそうなので、スタンド周辺の畑を見て回りました。綿花、スイカなどが栽培されています。

P1020025 P1020026 P1020050

並木の木陰で休憩している現地の人がいたので、近寄ってみました。おいしいスイカとナンを御馳走になりました。

P1020039 P1020038

 この並木に沿って用水路が敷かれており、ここから畑に灌漑されている訳です。ウズベキスタンはどこへ行っても水が豊富です。砂漠気候の国なのに…

P1020040 P1020042 P1020043 P1020034 P1020032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(16) カルシのバザール

 ブハラからシャフリサーブスに行く途中、出発から2時間経過した午前8時にカルシのバザールに立ち寄りました。

 大きな屋根の下ではナンや乳製品、豆類などが並べられています。

P1010889 P1010891 P1010895 P1020013

 屋外ではトラックから野菜や果物が降ろされ、販売されています。

P1010904 P1010911 P1010915 P1010916 P1010923 P1010928 P1010933 P1010934 P1010936 P1010939 P1010941 P1010950 P1010957

 テントでは米もみかけました。

P1010982 P1010990

 一角で肉の串焼きを見つけたので食べました。おいしくいただきました。

P1020004 P1010991 P1010996 P1010997 P1020003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(15) ブハラからカルシ

 8月8日月曜日は朝5時半に起床し、6時にブハラのニュームーンホテルを出発しました。前日にタクシーを予約(80ドル)しておきましたので、スムーズに出発することができました。

 ブハラから南東に向けて車を走らせます。しばらく荒涼とした砂漠が続きます。

P1010854 P1010856

 1時間半経過した7:30に、メロンとスイカがたくさん販売されている小さなバザールで休憩しました。メロンを少し分けていただきました。すごく甘くておいしいです。

P1010888 P1010873 P1010867 P1010870

 周辺には綿花畑が広がり、川のそばでレンガ作りも行われていました。

P1010880 P1010882 P1010875

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(14) シナゴーグ

 ブハラ中心部の南にシナゴーグがあるので、行ってみました。場所はロンリープラネットの地図に掲載されています。

P1010814

 入口を入ると中庭があり、その周りに礼拝スペースなどが配置されています。

P1010832 P1010823

 礼拝堂にはヘブライ語と思われる文字で書かれた看板などが掲示されています。

P1010815 P1010816 P1010817 P1010819 P1010821 P1010825

 別の部屋にはユダヤ人の方の写真が何枚も飾ってありました。

P1010824 P1010830 P1010831 P1010828

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(13) チャル・ミナル

 夕方にチャル・ミナルを見に行きました。タクシーが集まるニュームーンホテル前から東北東の方向にあります。ブハラ中心部を東西に通る大きな道路を東へ進みます。

P1010479 P1010471

 しばらくすると4本のかわいらしいミナレットを持つチャル・ミナルがありました。

P1010461 P1010462

 近くで子供たちがいたので撮影されてもらいました。

P1010466 P1010465 P1010470

 帰る途中でナンを売る女性に出会いました。

P1010472 P1010474

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(12) カラーン・モスク

 昼過ぎの最高に暑い時間帯にカラーンモスクとカラーンミナレットにたどり着きました。モスクとミル・アラブ・メドレセの間に大きな広場があり、一角にミナレットがあります。

P1010443 P1010433 P1010430 P1010431 P1010432 P1010434 P1010435 P1010436 P1010439

 メドレセです。

P1010440

 モスクの屋内は土産物屋になっており、ムードが壊されてしまっています。現地の人々の生きる糧なので仕方ないのでしょうか。

P1010426 P1010425

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(11) タキと土産物屋

 ブハラ近郊の農村から戻り、ホテルで休憩したのち、50℃近い酷暑の中、カラーンモスクまで歩いて行きました。

 ラビハウズを西に向けて歩くと、交差点に屋根がついたタキというバザールがあります。土産物屋になっています。タキ・サラファンです。

P1010400_4 P1010401 P1010410_3 P1010409_3

 タキ・サラファンを北に向かって歩いていくと、別のタキがあります。タキ・テルバクフルシャンです。ここも土産物屋になっています。

P1010413_2 P1010415_2 P1010416_2 P1010418 P1010420

 タキ・テルバクフルシャンを抜けてさらに北に進むとタキ・ザルガランがあります。

P1010421 P1010422

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(10) 農家を訪問

 農家におじゃまさせていただきました。家の前にはブドウが植えられ、赤い車がありました。

P1010781 P1010776 P1010777 P1010780 P1010789

 ある農家ではスイカを御馳走になりました。甘くておいしいスイカでした。飲むヨーグルトのような乳製品もいただきました。

P1010799 P1010801 P1010804 P1010809

 この家族には双子のお子さんとやんちゃそうなお兄ちゃんがいました。いつまでも仲良くいてほしいものです。

P1010797 P1010793 P1010794

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(9) ブハラ近郊の農村

 幹線道路から少し入ったところにある農家を訪ねてみました。少年が草刈りをしていました。牛に食べさせるのでしょう。

P1010730 P1010734 P1010736 P1010746 P1010726

 畑の畔にはブドウが植えられています。

P1010742 P1010741 P1010763

 畑には、やはり細い水路があり、水が隅々まで行きわたっています。

P1010764 P1010768

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウズベキスタン(8) ブハラ近郊の農業地帯

 8月7日はホテルで朝食を済ませた後、車をチャーターしてブハラ近郊の農業地帯を見学しました。郊外へ続く道路状況は良好です。

P1010810

 まず、用水路がありました。大量の水が流れています。水車で水を分配しています。ブハラ付近は砂漠気候(BW)に属しており、年降水量はとても少ないはずですが、水が豊富です。上流の山岳地帯から供給される水を灌漑に利用できるのです。

P1010676 P1010677

 畑では綿花が栽培されています。豆類やリンゴなども植えられていますが、すべての畑に水が行き届くようになっています。

P1010675 P1010674 P1010709 P1010718 P1010704 P1010712 P1010719

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »