« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

ミャンマー(48) 魚市場

 屋根のある市場ではコンクリートのテーブルの上でたくさんの魚が売られています。

P1010004 P1000970 P1000944 P1000942 P1000924 P1000920 P1000917 P1000916 P1010003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(47) エイとハモ?

 魚の市場で目を引いたのはエイです。大きなエイがたくさん売られています。

P1000892 Dsc_0240 P1000980 P1000982 Dsc_0234

 また、鱧のような長い魚もたくさん見かけました。かなり太いですね。

P1000895 P1000976 P1000978 Dsc_0232 P1000993 P1000992

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(46) 漁港の魚市場

 漁港には魚市場があり、たくさんの魚が取引されています。

P1000891 P1000893 P1000898 P1000900 P1000906 P1000908 P1000910 P1000947 P1000949 P1000954 P1000960 P1000965 P1000985 P1000986 P1010006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(45) シットウェーの漁港

 カラダン川沿いにあるシットウェーの漁港に行きました。潮が引いているので、数十メートル干潟があらわれています。

Dsc_0003 Dsc_0004 Dsc_0008 Dsc_0031 Dsc_0032 Dsc_0033 Dsc_0245

 漁港では船から魚が水揚げされ、魚を待つたくさんの人々で混雑しています。

Dsc_0016 P1000952 P1000959 P1000961 Dsc_0020 Dsc_0021 Dsc_0030

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(44) 野菜市場

 2011年1月1日は1日中ホテルで寝ていました。2日に回復したので、まず早朝に市場を見学することにしました。

Dsc_0213

 カラダン川の近くに野菜市場がありました。買い物客でごった返しています。新鮮な野菜や果物が販売されています。

Dsc_0011_2 Dsc_0214_2 Dsc_0219_2 P1010016 P1010017 P1010018 P1010021 P1010024 P1010026 Dsc_0009

 近くには米の市場もありました。

Dsc_0006 Dsc_0007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(43) シットウェーのレストラン

 12月31日と1月1日は発熱でダウンしていましたが、食事は摂ることにしました。メインストリート沿いにあるリバーバレーriver valley に行きました。ニューパレスホテルの隣にあります。このレストランは外国人観光客や現地の富裕層に人気があり、夜はかなり繁盛しています。

P1000880 P1000879 P1000878 P1000881

 31日の夜と1日の昼はスープヌードルをいただきました。1日の夜は焼きそばを食べました。おいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(42) シットウェーのノーブルホテル

 ノーブルホテルはシットウェーで最もいいホテルだそうです。1泊朝食込みで25ドルでした。部屋はツインで、テレビではBBCなどを見ることができます。冷蔵庫、エアコン、ホットシャワーと必要なもの全てがそろっています。

P1010202 P1000871 P1000872 P1000873 P1000874

 スタッフの対応もよく、フロントの女性は堪能な英語を話すことができます。

P1010205 P1010204

 12月31日金曜日の午後から1月1日土曜日終日、発熱でダウンしていました。快適な環境がせめてもの救いでした。繰り返しますが、予約しておいてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(41) ミャウーからシットウェーに帰る

 12月31日金曜日はミャウーからシットウェーに戻りました。7時に起床し、7:50にマスターのバイクで出発し、8時ちょうどにJettyに着きました。お世話になったプリンスホテルのマスターとお別れです。

P1000858

 Jettyにはちょうど船が一艘停泊していました。シットウェーへ行く乗客を待っているそうです。運良くこの船に乗り込むことができました。20ドルをエージェントらしき男に支払います。

P1000861

 ここで、ミャウーへの入域料金5ドルの領収書を見せるよう言われました。私はたまたは保存していたので提示することができましたが、もし捨てていたら、5ドル払わされていたかもしれません。領収書を捨てないよう注意してください。

 8:15に出発しました。オーストラリア人親子とノルウェー人女性医師と私の4人が乗客です。オーストラリアのおじいさんの英語は全く聞き取れませんでした。

 朝から熱が高く、椅子から川岸の風景を見るのがやっとで、写真をたくさん取ることができませんでした。

P1000868

 12:45にシットウェーのJettyに到着しました。13:10にノーブルホテルにチェックインしました。熱があったので、すぐ横になりました。予約しておいて本当によかったです。

P1000869 P1000870

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(40) 夕食会

 17時にプリンスホテルに戻りました。今日はホテルのスタッフ全員と夕食をとる約束をしていました。ちょうどいい魚が手に入ったので魚料理をいただくことになりました。

P1000849

 スタッフはマスターと奥さん、20代前半の男性3人、高校を卒業したばかりの女性一人、あとは子供たちが数人です。賑やかな夕食となりました。

P1000852

 食事は魚のフルコースです。川魚ですがとてもおいしくいただきました。貝のスープはかなりきつい味でした。

P1000850 P1000851

 みな食欲旺盛で、ご飯をおかわりしていました。とても楽しい時間を過ごすことができました。食費は合計20000K(約2000円)で、私がすべて払いました。

P1000853 P1000854 P1000855 P1000856 P1000857

 実は夕方頃から熱っぽくて、夜には熱が高くなってきました。日本から持参した熱さましとポカリスエットを飲み就寝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(39) レンガ作り

 農村の見学を終え、ミャウーに戻る途中で、小川のそばでレンガ作りをしている男たちに出会いました。

 川に堆積した泥をこね、型枠に押し込み、砂をまぶして、積み上げて乾燥させます。同じような風景を乾季のバングラデシュでもみかけたので、彼らはバングラデシュ系かもしれません。

P1000829 P1000848 P1000834 P1000832 P1000840 P1000841 P1000837 P1000830 P1000846 P1000844

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(38) 農村風景

 ミャンマーの農村風景です。どこまでも続く田んぼの中をまっすぐな道が伸びています。

P1000605 P1000793 P1000805 P1000806

 昼食時になり、T字路にある青空食堂で食事をしました。カレーを食べました。

P1000797 P1000794

 子供たちはとても元気です。

P1000819 P1000826 P1000824 P1000820 P1000823

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(37) 籾殻をはずす機械

 農村を歩いていると、籾殻をはずす小屋がありました。屋外にたくさんの籾殻が排出されています。

P1000818

 中に入ると大きな機械が作業をしていました。籾殻と米粒と糠を分別しています。さすがにこれは手作業でしないようです。糠はブタの餌にでもするのでしょうか。

P1000807 P1000811 P1000810 P1000809 P1000817

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(36) 村のお坊さん

 村では托鉢をする僧侶を見かけました。先頭を歩く少年僧が鐘を鳴らします。

P1000687 P1000688 P1000689

 村の中には、小さな寺院がありました。この寺にはえらいお坊さんがいました。かなり位が高いそうです。ご高齢で、戦時中に日本人に会ったそうです。

P1000780 P1000779 P1000784 P1000783 P1000781 P1000786

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(35) ビンロウの村

 ビンロウの林は川に沿って広がっています。船に乗って川からビンロウの林を眺めてみました。

P1000696 P1000757 P1000766

 村の家屋を拝見させていただきました。すべて高床式になっています。壁や床は竹を編み込んだものとなっています。1階で食事をされています。

P1000743 P1000749 P1000739 P1000731 P1000732 P1000729 P1000721 P1000720 P1000719

 家の奥には水浴び場がありました。水浴び場は男女別になっています。男性が女性の水浴び場を使うことは絶対にないそうです。

P1000727 P1000722 P1000723

 何件か重厚な木造家屋をみかけました。基礎となる柱がものすごく太いです。壁も板張りです。築百年以上らしいです。

P1000741 P1000742

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(34) ビンロウ

 ビンロウの収穫をしている村に行きました。樹高20mくらいで幹が細いヤシの木が川沿いの集落を包み込むように生えています。

P1000777 P1000776

 ビンロウとは東南アジアでよくみられる噛みタバコに入れる木の実のようなものです。葉っぱにビンロウの実と石灰の粉をのせ、ガムのように噛むと唾液が赤くなってきます。頭がクラっとするような覚醒作用があるそうです。

P1000717

 収穫されたビンロウの実は各家庭で干された後、女性たちによって皮をむかれます。

P1000734 P1000713 P1000710 P1000701 P1000699 P1000704 P1000711

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(33) レムロ川を望む寺

 次に、小高い丘の上に建つお寺に行きました。この寺の素晴らしいのは、仏像だけでなく、丘の頂上からの眺めです。レムロ川と田畑が広がっています。昔は重要な戦略拠点だったはずです。

P1000686 P1000667 P1000668 P1000677 P1000673 P1000675 P1000679 P1000670

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(32) 脱穀

 ミャンマーの農村では、牛に踏ませる脱穀が行われています。稲を円形に敷き詰めて、その上を、口にマスクをした牛を歩かせます。ものすごく原始的な手法が今でも受け継がれています。

P1000643 P1000659 P1000658

 脱穀された籾は集められて、平べったい籠のようなもので扇がれて、中身がないものと分別されます。

P1000644 P1000639 P1000650 P1000649 P1000646

 脱穀が終わった藁は積み上げられて、雨季に食べさせるそうです。

P1000647

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(31) バングラデシュ人の朝市

 12月30日木曜日はプリンスホテルのマスターにバイクに乗せてもらって、ミャウー近郊の農村をまわりました。バイクとガイド料で35ドル支払いました。ジープを貸し切るより割安でガイドもしてくれます。

 8:20にホテルを出発し、20分くらい走ると、バングラデシュ人が多く住む村にさしかかりました。ちょうど朝市が開催されていたので覗いてみました。

P1000624

 人々の顔立ちをみますと、南アジア系のコーカソイドが多いようです。

P1000615 P1000618 P1000632

 野菜や魚がたくさん並んでいます。

P1000610 P1000617 P1000622 P1000623 P1000626 P1000633

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(30) 朝の風景

 12月30日木曜日は朝6時半に起床して、ホテル周辺を歩いてみました。中心部とは逆方向に歩いてゆく女性たちを見かけました。学生生徒ではなさそうです。どこかに出勤しているのでしょうか。

P1000152 P1000156 P1000450 P1000452

 乗り物で移動する人もいます。ミャンマーの農村では、荷台に人がたくさん乗れるよう改造されたトラクターが活躍しています。

P1000451

 小川のそばに立つ家庭を訪問しました。みな寒いので焚火にあたっています。それにしても大家族です。

P1000454 P1000455

 通勤ラッシュで賑わう交差点の近くに自転車屋さんがありました。パンク修理の行列ができています。

P1000457 P1000459 P1000458

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(29) ミャウー近郊の農村

 ミャウー近郊の農村を歩きました。道路沿いに集落があります。街から離れると土の道になり、あちこちに穴や大きな石がみられます。

P1000488 P1000511

 野菜の栽培がさかんです。小さい大根が特産物のようです。花畑もあります。

P1000480 P1000489 P1000491 P1000512

 花畑もあります。

P1000507 P1000508

 子供が薪を運んでいました。二人で持ち上げようとしましたが、無理でした。

P1000519 P1000520 P1000521

 ミャウーのかわいい子供たちです。

P1000509 P1000494

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(28) ミャウーの市場

 ミャウーの中心地にある市場に行きました。野菜、魚介類、肉類、干物、漁具、竹細工など、様々な品物が販売されています。

P1000079 P1000082 P1000083 P1000084 P1000094 P1000088 P1000102 P1000103 P1000113 P1000579 P1000580 P1000581 P1000587

 おばあちゃんが、ボロボロになったお札を使っていました。数字だけ読みとれれば紙幣として使用できるのでしょう。

P1000097

 乳児が横になっていました。お父さんの職場につれてこられたようです。

P1000584 P1000585

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(27) 仏塔

 ミャウーの中心地の小高い丘にある仏塔を見に行きました。雑草が生い茂っており、手入れされていないような感じがします。ただ人が足を踏み入れている跡があるので、お坊さんがお参りに来ていると思われます。

P1000136 P1000135 P1000134

 他の仏塔にも登ってみました。

P1000462 P1000464 P1000463_2 

 丘の上からみたミャウーの水郷地帯の景色も素晴らしいものでした。

P1000130

 丘から下りると尼僧が歩いていました。

P1000127 P1000128

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(26) ミャウーの中心地

 ミャウーのメインストリートを歩きました。車は少なく、サイカーやバイクがたくさん走っています。通りでは貝を振るゲームをしている人もいました。

P1000143 P1000114 P1000117

 通りを南に行くと川に橋がかかっています。橋を渡ったところにレンタルサイクル屋さんがあります。自転車は日本製で「フミコ」と呼ばれているようです。

P1000123_2 P1000125_2 P1000120_2

通りを北に進むと、ちょうどゴールデンスターゲストハウスの正面にため池があります。女性が銀色の水瓶を持参し、水を汲んでいます。頭上と腰で器用に運びます。

P1000145 P1000148

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(25) ミャウーでの食事

 お昼を過ぎたので、食事をすることにしました。インターネットで調べた時、ダニヤワディという食堂がおいしい、という情報を見たことがあるので行ってみました。メインストリートの交差点に近い食堂です。

P1000115

 チャーハン1300K、生ビール600k×2杯で2500kでした。味は結構おいしいです。

P1000577

 この日は夕食もダニヤワディでいただきました。チキンの焼きそば、揚げエビ、ビールで合計3700kでした。

P1000599 P1000598

 27日の夕食もダニヤワディでした。チキンカレーをいただきました。

P1000150 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(24) お坊さんの宿舎

 シッタウン寺院の裏にお坊さんの寄宿舎のような建物がありました。ちょうど昼時だったので、若いお坊さんが井戸の近くで食器を洗っていました。

P1000570 P1000556 P1000548

 寄宿舎の敷地に入ってみました。袈裟がたくさん干してあります。それぞれのお坊さんがどの様ないきさつでここに来て、何を考えながら生活を送っているのでしょうか。

P1000549 P1000557 P1000558 P1000559 P1000560

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(23) 寺院巡り

 シッタウン寺院周辺の寺院を巡りました。まず、オンドーウーゼイン寺院に行きました。1500年代に建立されたそうです。

P1000564 P1000563 P1000565 P1000568

 隣のヤダナポン・パヤーを臨むことができます。

P1000567  

 次にダッカンゼイン寺院に行きました。要塞のような寺院です。四角い寺院の内部の暗闇の中、渦巻きのように中央部に向かう通路を進みます。受付のおじいさんがしつこく私についてきます。監視しているのでしょう。最後まで行くと、大きな仏像がありました。ここでも、仏さまの頭部の後ろに電飾がありました。残念です。

 P1000572 P1000571_2 P1000573_2 P1000576 P1000575 P1000574

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(22) シッタウン寺院

 中心部のシッタウン寺院を見ました。ミャウーで最も有名な寺院かもしれません。ここでミャウーの入域料金5ドルを支払いました。

 白いタイル張りの回廊を登ります。たくさんの仏塔が取り囲む、赤い屋根の大きな建物に入ります。中には金色の小さな仏像が置かれています。

P1000532 P1000533 P1000544 P1000538 P1000540 P1000541 P1000543 P1000546 P1000539

 建物の中心には、細い通路の奥に大きな仏像があります。見事な仏像ですが、残念なのは、頭の後ろに、仏像が放つ光のイメージを表現した電飾があることです。

P1000536 P1000535

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー(21) コウタウン・パヤー

 12月29日水曜日はミャウーの寺院を見て回りました。レンタサイクルを借りました。1日2000kです。まず中心地から離れたコウタウン・パヤーを見に行きました。

 寺院を取り囲むように小さな仏塔が配置されています。その仏塔の内側には細い通路があり、両側の壁には仏さまの彫刻がなされ、仏像が置かれたりしています。

P1000506 P1000497 P1000496 P1000498 P1000499 P1000500 P1000501 P1000502 P1000503 P1000504 P1000505

 寺の近くで兄弟に会いました。

P1000495

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »